化粧水不要?肌が乾燥して痛いときの対策とは? - 美しい顔になろう♪

美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

化粧水不要?肌が乾燥して痛いときの対策とは?

更新日:

こんにちは、ユリです。

冬とかになると、

途端に乾燥しだして、加湿器が必須になりますね。

でも、加湿器を持ち歩くわけにもいかないし、

乾燥肌だと、肌がつっぱって辛い季節です。

乾燥肌だと、自分の肌質が分かっているからこそ、

できる対策があります。

今回は、乾燥肌の対策を調べてみました。

なぜ、肌は乾燥してしまうの?

冬などに乾燥してしまい、痛みのために化粧もままならない。

乾燥のために肌が敏感になっており、

わずかな刺激であっても強く感じとってしまいます。

そんな状態を放ったらかしにしたり、

無駄に水分を染み込ませようとするのは、

間違った肌のケアです。

その場しのぎのケアは乾燥を悪化させ、

あなたの肌を今以上に酷いものにしてしまいかねません

乾燥肌の痛み。

それは、対策しなくてはならないという、

お肌からの合図なのです。

肌が乾燥してしまう原因とは、

肌の血流不良

冬は湿気がわずかで、乾燥しています。

あなたの肌も水分が空気中に蒸発していって、

結果、乾燥肌になってしまっています。

寒さのため、体が血流不良を起こしていまい、

新陳代謝が低下してしまいます。

新陳代謝が低下するため、

体のリズムが崩れて、肌に影響が出てきます。

ただでさえ乾燥肌なのに、

皮脂の分泌もされなくなってしまうため、

冬場の肌乾燥に拍車をかけているのです。

日焼けなどによる炎症

肌が乾燥するのはというのは冬だけではないのです。

夏場の強い陽射しも肌を乾燥させてしまう要素の一つです。

強い陽射しの中で対策をしていなければ、

当然、日焼けをします。

日焼けというのは、肌が水分を蒸発して無くし、

炎症を起こしている状態です。

肌が水分を無くし、乾燥したために、

ヒリヒリするといった、痛みを感じます。

皮脂分泌のバランスが崩れている

乾燥肌というのは、

水分を失ってしまい、肌を守れずに弱ってしまっている状態です。

肌が弱ってしまっているために、肌を守る皮脂分泌がかなり減少します。

皮脂分泌のバランスが崩れるために、水分を失い弱る・・・

といった、負のスパイラルに陥っているのです。

また、逆に弱まった肌が、乾燥から肌を守ろうとして、

必要以上の皮脂を分泌してしまうということがあります。

これが、いわゆる脂性肌というもので、これも厄介な問題なのです。

表面は脂性なのに、内側は乾燥しているという

結局、乾燥肌と変わりがない

という状態になってしまいます。

不規則な生活による乱れ

乾燥肌は、体の異常が原因という場合もあります。

人間はストレスを感じると活性酸素を発生させます

活性酸素が体内にあまりに多く生じると

肌の水分が著しく低下して乾燥肌になってしまいます。

結果、乾燥による肌の痛みやシワなどが

老けて見せる要因になります。

他にも、睡眠や運動、栄養など不規則な生活であると、

活性酸素が発生してしまいます。

乾燥肌を防ぐ対策とは?

乾燥して肌がピリピリ、ヒリヒリ痛い。

その対策として、やるべきことは、

保湿

これが最も重要になります。

ただ、水分を吸収すればいいというわけではなく、

乾燥で痛む肌は、保湿をしっかりする必要があります。

保湿は、水分を吸収させるだけでなく、

一定の量を維持させ続けるということをいいます。

乾燥肌の対策は、潤いを保持させることです。

ただの水ではなく、

保湿効果のある成分を取り入れなければなりません。

その一つが「セラミド」

このセラミドが水分の蒸発を防いでくれて、

保湿を保ってくれるのです。

保湿をして肌を守るため、

乾燥からくる痛みも無くなります。

Check!!「セラミド」を配合したクラウンセルクリーム

このクラウンセルクリームには、

セラミドの他にも、

乾燥肌に嬉しい成分が配合されていて、

対策として、これ一つで事足ります。

クラウンセルクリームは、

これ一つで、化粧水・乳液・美容液が必要ないのです。

その上、べたつかないし保湿する時間も長い。

対策しなくては、と思っているけれど、

なにかと面倒・・・。という人ほど使った見て欲しいクリームです。

乾燥のピリピリする痛みが防げて、

乾燥からくる小ジワなども対策できます。

Check!!「セラミド」を配合したクラウンセルクリーム

肌が乾燥して痛いと、

楽しい時間も不快感で台無しです。

笑う時も肌がつっぱって、

上手く笑えないし、むしろ歪んだ形になる。

乾燥肌を放置していると、

シワが出来やすくなって、

実年齢よりも、高く見られてしまいます。

対策するなら、早いほうがいいですよ。


私も昔は、乾燥肌でした。

そして、乾燥からくる痛みで不快感を感じていました。

表情を動かすと、つっぱった肌が痛いんですよね。

でも、しっかりと対策をすれば、

今では、ノーマルなバランスの取れた肌になれました。

やはり、お肌はバランスを崩しやすいもの。

年を取っていくとなおさらです。

自分の肌にあった的確な対策をしていきましょう。


-乾燥肌,
-

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.