美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

顔が乾燥肌なのに脂っぽいのはなぜ?

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

脂っぽいのに、乾燥している。

矛盾してますよね。

でも、肌トラブルはこういうことが

よく、起こりうるんですよね。

つまり、どういうことなのか?

今回は、顔が乾燥肌なのに脂っぽいについてです。

脂性肌で乾燥肌という原因とは?

脂性で乾燥。

肌が脂っぽい感じなのに、実際はカサカサしている。

この一見、矛盾しているのは混合肌インナードライ肌というものです。

混合肌

顔の場所によって、肌のタイプが違う肌が混合肌です。

最も多い混合肌のタイプは、

皮脂が多く分泌されるTゾーン(おでこから鼻・顎にかけてのゾーン)

は脂っぽくて、

逆の皮脂が出にくいとされるUゾーン(頬を含めてのフェイスライン)

は乾燥している、

という脂性と乾燥の両方があるタイプです。

インナードライ肌

肌の内側が乾燥しているのに、

肌の外側が脂っぽい状態なのがインナードライ肌です。

なぜ、内側と外側が違ってしまうかというと、

外側の肌が乾燥してしまって、肌が過剰に皮脂を分泌します。

なので、一見脂性肌に見えます。

でも、実際は内側が乾燥肌のままなため、

肌自体は、水分不足になっています。

どちらか調べる方法は、

Tゾーンは脂っぽいのに、Uゾーンはカサカサという方は、

混合肌かもしれません。

全体的に脂っぽいために、

皮脂を落とすため、過剰に洗顔をしてきた方は、

インナードライ肌かもしれません。

スポンサーリンク

混合肌・インナードライ肌のスキンケア

この乾燥肌なのに脂っぽいという症状は、

混合肌とインナードライ肌のどちらかです。

それぞれ、対策方法が違います。

混合肌のスキンケア

混合肌のスキンケアのポイントは、

スキンケアの使い分けです。

混合肌は、脂性と乾燥の両方があるため、

それぞれに合った、スキンケアをしていきます。

かといって、Tゾーンの脂を落としたいからといって、

過剰に洗顔してしまうと、

今度は、インナードライ肌になってしまう恐れがあります。

そのため、洗顔は朝と晩の2回に留めて下さい。

洗顔をする際、

Tゾーンにだけ泡をつけて洗います。

そして、インナードライ肌にならないために、

保湿もしっかりしましょう。

インナードライ肌のスキンケア

インナードライ肌のスキンケアは、

とにかく肌をいたわる事です。

脂っぽいからといって、

脂を落とそうと洗顔ばかりをして、皮脂をなくしてしまうと、

肌が乾燥してしまっている、と判断します。

そして、過剰に皮脂を分泌したのがインナードライ肌なので、

過剰な洗顔を止めるのが対策の第一歩です。

しかし、スキンケアをしないということではなく、

乾燥肌用のスキンケアをします。

つまり、しっかりと保湿ケアをするということですね。

>>顔の乾燥を保湿する方法とは?

肌をいたわり、保湿して守ってあげることで、

肌の外側も内側も、バランス良くなっていきます。

スポンサーリンク


やはり、脂っぽいくなっていると、

洗顔をしたくなりますし、

ゴシゴシ洗いたくもなりますね。

しかし、それが逆効果だったりします。

常に、お肌をいたわってあげて、

安定した美しい肌を手に入れたいですね。


-乾燥肌, , 脂性肌
-,

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.