美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

顔がカサカサでかゆい!?赤い腫れの原因とは?

更新日:

こんにちは、ユリです。

敏感肌と鈍感肌。

あなたは、どちらでしょうか?

私は、どちらかというと敏感肌で、

すぐに反応が肌に出てしまいます。
(ウソもすぐに顔に出てしまいます)

敏感すぎるというほどじゃないけれど、

もうちょっと、鈍感な方がいいなと思いますね。

にしても、

敏感より鈍感の方がいいだなんて、

ちょっと、おかしな話ですね。

今回は、敏感肌であるが故、

顔がかゆくなったり、赤く腫れる時の対処法

調べてみました。

なぜ、顔が赤くなる?

肌が赤くなってしまうのは、毛細血管が透けて見えるためです。

つまり、肌が薄いということです。

肌というのは、

・表皮
・真皮
・基底層

という3つの層に分けられていて、

3つの中で毛細血管が最も集中してあるのが「真皮」。

そのため、「表皮」が薄いと、

毛細血管が透けるので、

顔が赤く見えるというわけです。

顔が赤く腫れて、かゆい原因・理由

原因としては、いろいろあって、

・アトピー性皮膚炎

・酒さ

・花粉症皮膚炎

・接触皮膚炎

・脂漏性湿疹

・蕁麻疹

などがあります。

・アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、

もとからアレルギーを引き起こしやすい人や、

肌が敏感な人によく見られます。

湿疹やかゆみがあり、治ったと思ったら、また起こったり、

慢性的に炎症が起こります。

・酒さ

酒さは、アラサー以上の人に多いです。

大人ニキビと呼んだりもするようですが、

酒さはニキビとは異なる炎症で、

赤み、吹き出物、肌の毛細血管の拡張などの症状が特徴です。

初めの頃は、日焼けやアレルギーと似ているので、

放置しがちでなのも、酒さの特徴です。

・花粉症皮膚炎

花粉症皮膚炎は、
元々アレルギー体質じゃない人にも見られる炎症です。

それは、すべての人が花粉による刺激を受けているためです。

特に顔の中でも肌は、

直接的に花粉の刺激を受けてしまっています。

・接触皮膚炎

接触性皮膚炎」は、湿疹の一つで、

なにかしらの刺激が肌に当たるために、

刺激があった部分に湿疹ができる炎症です。

よく聞くのは、「かぶれ」とも言います。

・脂漏性湿疹

脂漏性湿疹は、

皮脂腺がたくさんある場所にできやすいです。

特に、頭皮や鼻の周りなどに発症しやすく、

わきの下や耳の後ろ、太ももの付け根などにもできやすいです。

頭皮にできた頭にできたら、

皮膚が剥がれて落ちたりするため、

フケ症と誤認してしまうケースもあります。方も多いようです。

脂漏性湿疹は、放置しておくと、

皮脂が酸化し、加齢臭みたいな臭いを出すため、

早めの処置が必要です。

・蕁麻疹

蕁麻疹は、初めに蚊に刺された時の

赤い点が出て、これが少しずつ広がっていきます。

かゆくてどうにもなくなりますが、

しだいに、消えていくのが特徴でもあります。

かゆい赤い腫れにならないために

上記の赤い腫れになってしまう原因にならないために、

普段から、敏感肌のスキンケアが欠かせないですよね。

私も、敏感肌のため、

化粧水には、人一倍こだわっています。

敏感肌のための化粧水は?

と調べていたら、

敏感肌化粧品ランキング1位である、

Check!!皮膚科の先生と共同開発の化粧水オージュンヌ

というのを見つけました。

化粧水にもいろいろあるけれど、

敏感肌のための化粧水ということで、

使ってみない手はないです。

肌に良い成分は当然のこと、

皮膚科の先生との共同開発のため、

赤い腫れやかゆみ対策にもってこいですね。

これで、かゆくて集中できないとか、

赤く腫れて、人前に出られないとかもなくなるでしょう。

Check!!皮膚科の先生と共同開発の化粧水オージュンヌ


顔が赤みがかると、

なんとも恥ずかしいんですよね。

それに、腫れたりなんかしたら、

不格好になるし、かゆいのも厄介。

ぶつぶつがでるし、カサカサになるし、

ヒリヒリするし。

そんなことにならないために、

普段からの対処が大切ですね。


-, 顔のかゆみ
-, ,

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.