目の下のクマが消えない時にするべき解消法と対処法とは? - 美しい顔になろう♪

美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

目の下のクマが消えない時にするべき解消法と対処法とは?

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

目の下のクマって、

ほんの薄くでもあると、

どうしても、年を取って見えますね。

この老けて見られる目の下のクマ。

実は、クマにも3種類あります。

>>3種類の目の下のクマを治す方法とは?

3種類、それぞれの解消法がありますが、

より詳しい解消法を調べてみました。

今回は、目の下のクマが消えない時にするべき解消法についてです。

3種類のクマをチェック

3種類の目の下のクマ。

それぞれ簡単な見分け方があります。

まずは、です。

との3種類あって、

それぞれ原因が違いますから、

それぞれ色も変わってきます。

青クマが、血行不良。

黒クマが、たるみ。

茶クマが、色素沈着。

それぞれの原因が色にもでてくるんですね。

色で見分けるといっても、

似通った色でもあるので、

薄い場合や、肌の色で分かりにくかったりします。

もう一つ、見分け方は、

見方を変えてみるということです。

青クマは、

目の下を軽く引っ張ると目立たなくなります。

これは、血行不良で溜まった血液が

引っ張ることによって、流れていって、

青クマが解消されたためです。

黒クマは、

天井を向いた時に解消されます。

これは、黒クマというのが

天井を向くことで、重力が作用されなくなったので、

原因である、たるみがなくなったためです。

茶クマは、

目の下を軽く引っ張っても、天井を向いても、

クマが解消されない状態です。

茶クマの原因というのが、色素沈着です。

そのため、血液が溜まっているわけでなく、

重力に負けているわけでもないです。

目の下にシミができているという状態のため、

見方を変えても、解消されません。

スポンサーリンク

目の下のクマを改善する、2つの要素とは?

3種類のクマの見分け方がわかれば、

自分がどのクマなのか自覚ができて、

後は、対策をするだけです。

それぞれの原因を対策すれば、

3種類のクマは解消されますが、

それとは別に、やっておくと良い2つの要素があります。

それが、血行促進と保湿です。

血行促進

肌のすべてに血流が通っており、

それが、滞ってしまうと、

クマができるだけでなく、

いろんな肌トラブルにもなります。

健康的な肌のためには、

スムーズな血流が必要なので、

血行促進を心がけましょう。

血行促進させるためには、

蒸しタオルが効果的です。

とてもお手軽で、血行促進できます。

蒸しタオルの作り方は、

タオルを濡らして軽くしぼります。

それを、ラップに巻いて、レンジで30秒ほど温めます。

温めた直後は、熱すぎることがあるため、

少し冷ましてから使うと良いでしょう。

顔がホカホカして、気持ち良いですよ。

保湿

これはもう、肌のために必須です。

乾燥してしまうと、いろんな肌トラブルになってしまいます。

保湿の基本は、

内部の対策として、正しい洗顔とスキンケア。

外部からの対策として、加湿器を使うことです。

>>顔の乾燥を保湿する方法とは?

これらを、しっかりしておくことで、

目の下のクマはできにくくなりますし、

他の肌トラブルもできにくくなって、

美しい顔にも近づくことができます。

目の下のクマが消えない場合の対処、隠し方は?

クマの解消法をしても、

なかなか消えないとか、クマが無いように見せたい場合。

そんな時には、コンシーラーを使います。

青クマへのコンシーラー

血行不良である青クマは、

オレンジ色など赤みがある色のコンシーラーと、

肌より明るいベージュのコンシーラーを組み合わせます。

1,目の下のクマの部分に

オレンジ系統のコンシーラーを塗り、

指で押えて定着させます。

この時に注意したいのが、他の部分にはみ出さないことです。

2.肌より明るいベージュ系統のコンシーラーを、

クマより広めに塗り、境界線を指で馴染ませます。

3,仕上げとして、光沢感のあるパウダーを

目の下にブラシで広げて歓声です。

黒クマへのコンシーラー

たるみが原因である黒クマは、

他のクマよりも隠すのが難しいです。

なぜかというと、

黒クマは、たるみができて肌が凸凹しています。

その影が黒く見えているため、

目の下に光を集めることが必要なのです。

使用するコンシーラーは、

肌より明るめのベージュが良いです。

1,両目の目頭から斜め下に向かって、

コンシーラーを塗ります。

2,目尻にコンシーラーを塗ります。

そして、指で軽く馴染ませておきます。

3,そして、目の下のクマの部分に、

コンシーラーを塗っていきます。

ここで、注意したいのが、

膨らみのある部分には、塗らないということです。

「目の下の影になる部分」にだけコンシーラーを塗ります。

境目の部分は、ぼかす感じで入れます。

もし、黒クマ全体にコンシーラーを塗ってしまうと、

余計に影を強調してしまいます。

茶クマへのコンシーラー

色素沈着が原因の茶クマ。

イエローとオークル、そして明るめのベージュ。

この3種類のコンシーラーを使います。

1,茶クマの部分にイエロー系統のコンシーラーを塗ります。

そして、指で馴染ませていきます。

2,オークル系統のコンシーラーをクマの部分にだけ塗ります。

これも、指で馴染ませていきます。

3,明るめのベージュのコンシーラーを、

クマより広めに塗って、綺麗にぼかしていきます。

地肌の色によって、

選ぶコンシーラーは、変わっていきます。

基準となるベージュの明るさを調節しながら、

目の下のクマを対処していきましょう。

スポンサーリンク


目の下のクマは、できやすいのに、

最も老けて見られる肌トラブルです。

しかし、目の下のクマの原因がわかっていれば、

解消するのも、対策するだけです。

もちろん、クマができないように、

生活習慣を見直して、肌を気遣う。

そして、血行促進と保湿。

シンプルなので、ぜひ続けていきたいですね。


-, 目の下のクマ, メイク
-

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.