美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

生まれつき?遺伝?子供の頃からある目の下のクマってなに?

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

目の下にクマがあるだけで、

年齢よりも、かなり上に見られます。

そんな、目の下のクマ。

子供の時から、目の下のクマがある人もいます。

これは、何が原因なのでしょう?

生まれつき?遺伝?

疑問に思ったので、調べてみました。

今回は、子供の頃からある目の下のクマは、生まれつき?遺伝?かについてです。

子供の頃からある目の下のクマの原因は?

子供の頃というのは、

エネルギーに溢れて、疲労回復も早いです。

肌のターンオーバーも早くて、

細胞も活発なため、肌トラブルとも無縁。

そんな子供の頃でも、

目の下のクマができてしまうケースがあります。

この、子供の頃から、

目の下のクマができてしまう原因というのは、

目の下の皮膚が薄いためです。

目の下のクマというと、

疲労困憊していたり、睡眠不足であったりが、

原因とされています。

しかし、クマができるのはそれだけでなく、

皮膚の薄さから、その裏の皮膚組織が透けて見え、

目の下のクマのようになったりします。

また、元々目周辺の筋肉「眼輪筋」が弱いと、

目の下の血行不良となって、青クマになったり、

たるみがでて、黒クマになったりします。

それをどうにかしようと、こすったりして、

茶クマにもなったりします。

>>3種類の目の下のクマを治す方法とは?

子供の頃から目の下にクマがある場合、

目の下の皮膚が薄いとか、眼輪筋が弱い、

といった原因があるため、その対策をする必要があります。

スポンサーリンク

目の下のクマは、生まれつき?遺伝?

子供の頃から目の下にクマがあるのは、

皮膚が薄かったり、眼輪筋が弱いという原因があります。

これらは何故かというと、

生まれつき、ということにもなるでしょう。

親や家系をみて、

クマができやすいかどうかも、わかると思います。

もし、親も同じように、

クマができやすければ、遺伝ということも言えます。

元々、皮膚が薄いために、

眼輪筋が弱いために、

クマができてしまうんですね。

でも、その原因が分かっているので、

それを、対策すれば解消ができます

皮膚が薄い、眼輪筋が弱い場合の改善方法

生まれつきでも、遺伝でも、

目の下にクマができてしまう原因が、

皮膚の薄さと眼輪筋の弱さです。

この2つの原因を対策すると、

目の下のクマは、解消されていくでしょう。

皮膚が薄い

皮膚が弱いという状態を改善するには、

皮膚を作らなくてはなりません。

そのためには、目の下の皮膚に良い栄養素をとる必要があります

>>目の下のクマ対策に良い栄養素とは?

上記の栄養素の他にも、

肌や体を作る、タンパク質を摂るのが良いです。

肉や魚、大豆などを積極的に摂り入れて、

皮膚の細胞を活性化させます。

さらに、乾燥するのが良くありません。

なので、水分補給をしたり保湿ケアをします。

ただでさえ、皮膚が薄いので乾燥しやすい状態です。

常に保湿することを頭に入れておくと良いですね。

眼輪筋が弱い

眼輪筋というのは、筋肉です。

そのため、眼輪筋を鍛えると、

青クマ・黒クマ対策になります。

眼輪筋を鍛えるには、

こちらで紹介している

目周辺のストレッチをするのが良いです。

すごく、シンプルなストレッチですが、

しっかりやると、目周辺が鍛えられて、

効いてるのが分かります。

他にも、時計まわり、反時計まわりで

眼球をぐるぐる回してみたり、

横をずっと見るというのを、左右してみたり、

普段使わないような、筋肉を使うようにしてみましょう。

また、顔全体のストレッチも効果的です。

>>目指せ小顔!ダイエットで10キロ痩せると顔は小さくなる?

目の下のクマは、対策できます。

すぐには、結果は出ないですが、

継続して、眼輪筋を鍛えれば、

少しずつ改善が見えてくるでしょう。

スポンサーリンク


私も、ふと思い立った時に、

目を閉じて、ギュッと右を見て左を見る。

というようなストレッチをしています。

目を見開くストレッチとか小顔ストレッチは、

見られると恥ずかしいこともあって、

1人でいる時にやったほうが良いですね。


-, 目の下のクマ
-

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.