美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

目の下のクマをとるマッサージ・ツボ押しの方法とは?

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

目の下にクマができると、かなり老けて見られます。

いくら、容姿が良くても、

どんなに綺麗な肌をしていても、

眩しい笑顔であっても、

目の下にクマがあるだけで、

すべてが台無しです。

でも、できてしまった場合、

どうにか対処したいと思いますよね。

今回は、目の下のクマをとるマッサージやツボ押しの方法についてです。

目の下のクマ対策のマッサージ

目の下のクマの原因というのは、

3種類あって、それぞれに対処法も違います。

>>3種類の目の下のクマを治す方法とは?

青クマ・血行不良

黒クマ・たるみ

茶クマ・色素沈着

この3種類でマッサージが効果的なのは、青クマと黒クマです。

どうしても、色素沈着は、

マッサージで対処するのが難しいです。

そのため、次に紹介するマッサージは、

青クマと黒クマの対策となります。

ですが、マッサージは目の下のクマだけでなくて、

顔全体の血行を良くするので、やっていて損はないです。

美しい顔の基本は、血行促進なのです。

目周辺の筋肉を鍛えるストレッチ

マッサージの前に準備として、

ストレッチをしておきましょう。

1、目をギュっと閉じて、5秒間キープ

2、目をカッと見開いて、5秒間キープ

これを、5セットします。

そうすると、眼輪筋という目周辺の筋肉が、

鍛えられて、たるみ防止になります。

血行促進させる目元マッサージ

マッサージするときは、

滑りを良くするために、マッサージクリームを使いましょう。

>>顔のマっサージクリームで安くておすすめなのは?

1、両手の薬指で、

目尻から下まぶたを通って目頭、

目頭から上まぶたを通って目尻、

このまぶたを一周する流れを、2~3回繰り返します。

2、2~3回繰り返した後、

こめかみ辺りで、下へと指を動かし、

溜まっていた老廃物を下へ流します。

根気よく毎日やっていると、効果が少しづつ出てきます。

注意するべき点は、力を入れすぎないことです。

目周辺というのは、とてもデリケートです。

そのため、他の肌の要領でマッサージしてしまうと、

皮膚を痛めてしまいます。

それが結果、色素沈着になってしまうと本末転倒です。

ゆっくりと優しく、いたわりながらやっていきましょう。

スポンサーリンク

目の下のクマ対策のツボ押し

目の下のクマに効くツボは、4つあります。

四白(しはく)

目の中心から下へ、目の下の親指一つ分下の位置にあります。

わずかに凹みを感じる部分が四白です。

中指の腹で優しく押すと、目の疲れやたるみ改善に効きます。

太陽(たいよう)

目尻の外側、こめかみの辺り、

骨が少し凹んだところにあるのが太陽です。

目元の血行の流れを良くしますので、

青クマの改善に向いています。

他にも、頭痛にも効果的です。

血行を良くするツボのため、強く押す必要はありません。

中指の腹で優しく押しましょう。

睛明(せいめい)

鼻の根元と目頭の間の凹んだ位置にあります。

血流を促して、目の疲れに効果があります。

よく、目が疲れたときに、

人差し指で目頭をつまみますが、

あれは、睛明のツボを押していたんですね。

瞳子膠(どうしりょう)

こめかみにあるツボ、太陽よりも内側。

太陽と目尻の間あたりの位置にあります。

目の疲れや目尻のシワに効果的です。

人差し指で軽く押してみましょう。

ツボ押しもマッサージの時と同じく、

力を入れてやらないということです。

力を入れたほうが効果がありそうと思いますが、

実は逆効果で、顔を痛めたり肌を痛めます

肌を痛めて、色素沈着になってしまったら、

本末転倒なので、ツボは軽く優しく押しましょう。

スポンサーリンク


マッサージやツボ押しは、

慣れていないと面倒だと感じます。

しかし、洗顔後などに、

習慣として入れてしまうと、

面倒にならず、スムーズにできるようになります。

いきなり効果は出ないですが、

毎日続けていくことによって、

少しずつ、目の下のクマに改善が見えてきます。

継続が大事ですね。


-, 目の下のクマ
-, ,

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.