顔いぼの治し方とは?まとめ - 美しい顔になろう♪

美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

顔いぼの治し方とは?まとめ

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

顔にいぼができたら、どうしたらいいのだろう?

いろいろな治し方があって、

結局どれがいいのか・・・?

ということで、まとめてみました。

今回は、顔いぼの治し方についてです。

顔いぼの治し方とは?

一口にいぼといっても、2種類に分けられます。

1,ウィルス性のイボ

2,老化からくるイボ

ウィルス性のイボは、

その名の通りウィルスに感染してできたものです。

自然治癒はしません。

感染は、傷口などからで、

また別に感染する可能性があるため、

病院で治療が必要です。

老化が原因のイボは、加齢によるものです。

肌に溜まった、メラニンがうまく排出されずに、

溜まっていったためにできるのが、イボです。

老化といっても、30代からでき始めます

なので、すぐにでも対策はしておいて、

損はないでしょう。

治し方としては、

病院でのレーザーとか液体窒素などがあります。

これらは、実際にイボを取るため、

目に見えて結果がすぐに出ます。

しかし、液体窒素に関しては、

効果的ですが、半年~数年かかり、

その間、病院に通うことになります。

その上、表面的に取るために、

再発する可能性もあります。

再発してしまうと、その都度取らなくてはならないため、

時間もお金も掛かることになってしまいます。

顔いぼを取るには、

イボに対して、効果的な成分を含んだ化粧品を使うのが良いです。

その成分というのが、ヨクイニンです。

このヨクイニンが含まれたものを使うことによって、

顔いぼを取るということと、

顔いぼ対策を同時にすることができます。

最も良い、顔いぼの治し方は、

ヨクイニンの含まれた化粧品をつかうことです。

スポンサーリンク

その他の必要な対策

その他に、必要な対策があります。

保湿

保湿が大事になります。

乾燥した肌は、摩擦によって、

皮膚細胞をイボへと変貌させてしまいます。

それを避けるために、保湿をしっかりしておきましょう。

紫外線対策

イボの根本的原因の一つに紫外線があります。

そのために、日焼け止めなど、

UVカットをすすんで行いましょう。

刺激の強い薬

また、イボコロリなどの塗り薬などは、

顔には使えません。

あの類の薬は、刺激が強いため、

同じイボだからといって、

顔に使うと取り返しのつかないことになりかねません。

切るなどの行為

気をつけないといけないのが、

カッターやハサミなどで切ってしまうことです。

顔いぼが取れたとしても、

結果的に、傷が残って後悔することになります。

生活習慣

もはや、基本なのですが、

生活を見直すということが大事です。

イボに限らず、様々な病気などは、

生活習慣が原因となっていたりします。

そのために、できることから見直していく必要があります。

スポンサーリンク


顔いぼを治すためにできることは、

実はシンプルです。

でも、そのシンプルなことが疎かになってしまうんですね。

「まぁいいか」

いつも思ってしまいます。

でも、できてしまった後のことも考えて、

できることのことをしっかりやるのが良いですね。


-, 顔いぼ
-

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.