美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

リップクリームで顔・唇の日焼けを防げる?

投稿日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

夏に天気が良いと、

暑いけれど、散歩に行きたくなりますよね。

海とか山とか、楽しいです。

でも、気になるのが日焼け。

もちろん、日焼け対策はしますが、

意外と盲点なのが、唇です。

唇だけ日焼けして、変に目立ってしまう。

これは、避けなくてはなりません。

今回は、リップクリームで顔・唇の日焼けを防げるかについてです。

顔の日焼けと唇の日焼けは違う?

同じ顔だから、日焼けも同じと思ったら、

実は、全然違ったりするんですよね。

顔用の日焼け止めを、

唇にも塗ったら、結構大変なことになります。

実体験なのですが、

海に遊びに行って数日間、

日焼け止めを顔に塗りました。

その時に唇にも、大雑把に。

それから、楽しく過ごしたは良いのですが、

気付いたら、唇の周りが荒れてしまっていました。

この原因というのが、

日焼け止めの特徴として、

皮脂を吸収するようなのがあるのです。

つまり、皮脂分泌が薄い部分だと、

乾燥してしまって、荒れてしまうんです。

そのため、皮脂が薄い、唇周辺が荒れてしまったんです。

荒れる他にも、腫れてしまったり、

くすんだ色になってしまったりします。

顔用の日焼け止めと唇用の日焼け止めは違います

それ相当の成分があるんですね。

スポンサーリンク

唇専用の日焼け止めを使うべき

唇は、紫外線の影響を受けやすいです。

それは、他の顔の肌よりも薄いためです。

その上、唇には皮脂線がないため、

常に乾燥しやすい部分でもあります。

よく、舌なめずりしたりしますよね。

あれは、乾燥を常にしていくため、

定期的に舌で湿らせないと、

カサカサになってしまうためです。

では、どんな唇用日焼け止めがいいかというと、

SPF値、PA値などを見ます。

SPF値もPA値も紫外線を止める効果のことです。

これらが高ければいいというわけでなく、

自分の肌にあった値を選ぶべきです。

値が高いと効果も強いですが、

それだけ、成分も強いです。

使う人の元々の肌の強さに合わせて選びましょう

また、口の中にも入るものですから、

安全性も大事になってきます。

なので、使われている成分を見ておきます。

無香料・無着色・防腐剤が入っていないもの、

オーガニック成分で作られているものが良いですね。

また、色付き色なしもあるため、

好みで選びましょう。

スポンサーリンク


同じ顔だから、大雑把に、

一緒くたに塗ってしまうと、

後から後悔することになります。

取り返しのつかないことにもなりかねません。

ちゃんと専用の物を使う必要があるんですね。


-, メイク
-,

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.