顔のたるみ予防は仰向けで寝ること? - 美しい顔になろう♪

美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

顔のたるみ予防は仰向けで寝ること?

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

顔のたるみ、怖いです。

そのたるみをどうにかしようと、

日々、いろいろ調べているのですが、

顔の筋肉を鍛えるという、

もっともな答えがでてきます。

ふと思ったのが、

たるみの原因を消したら、

たるみ予防になるなと思いました。

実際にたるみの原因というのは、横寝にあるらしいです。

今回は、顔のたるみ予防は、仰向けで寝ること?についてです。

顔のたるみ予防は、仰向けで寝るといい

顔がたるむ原因として、

不規則な生活がひとつにあります。

これは、免疫や代謝などが関係しています。

もちろん、顔のたるみ以外にも、

肌自体や内蔵なんかにも、

影響してきますから、生活習慣はしっかりするべきですね。

顔のたるみ自体の原因として、

「横寝」があります。

横に寝ると、重力で片方に持って行かれるのですね。

それが、肌のバランスを崩す結果になると。

それを避けるために、仰向けで眠るというのがいいのですね。

実際に、仰向けで眠るのと、

立った状態の顔は、

顔の印象が違います。

圧倒的に仰向けの状態のほうが、

若い感じがします。

その理由は、

立っている時は、顔の肉が、

重力で下へ持っていかれるためです。

寝ている時は、

そのまま後ろへ引っ張られています。

そのことからも、

仰向けで眠るというのが、

顔の肉が偏らなくて、良いのですね。

スポンサーリンク

横寝をすると顔が歪む?

横寝をすると、

顔の片方を圧迫して、負担をかけます。

結果的に、顔が歪むことになります。

厳密に言うと、

顔の骨が歪んでいるのではなく、

顔の筋肉が歪んでついています。

顔の筋肉が歪んでついているから、

その周りの肉も歪み、

たるんできてしまうんですね。

たるんでしまうだけでなく、

顔のバランスがおかしくなるので厄介なんです。

これらの対策ができるのが、

「仰向け」で寝るということなんです。

もちろん、顔の筋肉とバランスのことなので、

普段からの仕草なども影響します。

例えば、

いつも同じ方の手で、頬杖をついたり、

同じ方の歯で噛んで食べたり、

そして、同じ方向を向いて寝ていたり。

頬杖や食事は、意識すれば治すことができます。

ですが、睡眠だけは、

なかなか、治すことが難しいですね。

寝る前に、仰向けを意識しても、

眠りに入ってしまったら、

寝相を変えるだろうし、

体を縛って、強制的に仰向けにするわけにもいかない。

そんな悩みを解消するのが、

顔に合った、良い枕を使うことです。

>>枕がポイント!横向きに寝ると顔に歪みができてしまう?

↑ここで紹介している枕であれば、

浮くような反発力でもって、

顔への負担を軽減します。

結果、寝返りをうっても圧迫されず、

顔の筋肉もバランスを崩さずにすみます。

その上、浮くような感覚で寝ることができるため、

安眠効果もあります。

睡眠は毎日するものです。

そして、枕は毎日使うものです。

毎日使うものなので、

こだわりのあるものを使って、

美しい顔でありたいですね。

スポンサーリンク


顔がたるむだけでも嫌なのに、

歪んでバランスも崩すとなると、

本当に醜い顔になってしまいます。

そうならないためにも、

普段から、顔の筋肉のバランスを崩さないようにする。

顔へ偏った負担をかけないようにする。

しっかりと、心掛けていきたいですね。


-顔のたるみ・むくみ, , 顔の歪み
-

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.