美しい顔になろう♪

魅力的でキレイな美しい顔を手に入れるためのサイト

下地が大切!ツヤ肌メイクの作り方とは?

更新日:

スポンサーリンク

こんにちは、ユリです。

ツヤ肌メイク。

やりたい!なりたい!って思わずいってしまいそうになります。

でも、ツヤ肌メイクってどうやればいいのか、

よく分からなかったので、

ツヤ肌メイクの作り方について調べてみました。

ツヤ肌になる化粧下地は何が良い?

やっぱり基本は、ベースメイク。

人によって、肌質が違うため、

これが良いと言い切れないです。

それぞれが自分にあった化粧下地を選ぶべきです。

肌質には、4パターンあります。

  • ノーマル肌:問題無しの理想的な肌
  • 脂性肌:ニキビ・吹き出物ができやすく、テカリがある肌
  • 乾燥肌:つっぱる感じがあり、保湿をしてもすぐに乾燥する肌
  • 混合肌:Tゾーンなどは脂性肌、その他は、乾燥肌

これら4パターンのどれに該当するか?

それを知ることが下地選びの基本になります。

ノーマル肌:問題無しの理想的な肌

どんなタイプのものを選択しても大丈夫です。

肌状態をキープすることを考慮して

肌のケアは怠ってはいけません。

脂性肌:ニキビ・吹き出物ができやすく、テカリがある肌

皮脂でテカる原因は過度の皮脂分泌です。

皮脂を抑制できる成分が入っている下地を選びましょう。

こちらに詳しい通り、

脂性肌は、乾燥が原因にもなっています。

脂性だからといって、

保湿をしないと、さらにオイリーに拍車がかかってしまいます。

乾燥肌:つっぱる感じがあり、保湿をしてもすぐに乾燥する肌

当然でありますが、

乾燥を避けるようにした方がいいです。
(乾燥肌の対策は、こちらです)

保湿する成分を豊富に盛り込んだタイプを選びましょう。

「潤い」を全面に出しているものがいいでしょう。

混合肌:Tゾーンなどは脂性肌、その他は、乾燥肌

Tゾーン(おでこ、鼻、顎)は皮脂が分泌されやすい部位です。

しかし、頬などTゾーン以外の部位は乾燥する。

そんな、混合肌は、

Tゾーンには過剰皮脂を抑制できるのもの。

それ以外の部位には保湿してくれるもの。

というように、Tゾーンとそれ以外の部位で区分して使うことが確実です。

ちなみに、日本人に最も多く見られるのがこの混合肌です。

スポンサーリンク

次に、あなた自身のベースカラーを知りましょう。

メイクの色を決める際、知っておくべき要素です。

イエローベース

肌の色が、どちらかというと黄色っぽい色。

であれば、ベージュ系統の下地を選ぶと良いです。

黄色みがかった肌の色にベージュが馴染み、

首や肩との違和感も出にくいです。

ブルーベース

肌の色が、どちらかというと色白。

青白い感じにもなりがちな肌の色、

であれば、ピンク系統の下地を選ぶと良いです。

やさいい赤味が色白の肌を

自然な印象に仕上げてくれます。

ツヤ肌メイクのベースとなる下地。

下地を浸透させるために重要なプロセスが肌のお手入れです。

このプロセスによって、

ツヤ肌メイクの出来上がりが相当差が出てきます。

肌が保湿されたら、乳液で潤いを逃がさないようにします。

まず初めに、手の甲に化粧下地を適量を乗せて、馴染ませます。

手の温度によって、

化粧下地が柔らかく馴染むため、

万遍なく浸透させることができます。

その化粧下地を、

鼻、おでこ、顎、左の頬、右の頬、

に、軽く乗せていきます。

それぞれを、軽く外側に向かって伸ばしていきます。

皮膚が薄くて、引っ張られる場所には、

薄く優しく伸ばしていくのがコツです。

スポンサーリンク


下地にこだわるだけで、お肌の感じが大分違います。

光を味方につけているというか、

なんか、輝いている感じ。

自分の肌質を知って、

肌質に合ったものを使う。

化粧が楽しくなってきます!


-, メイク
-

Copyright© 美しい顔になろう♪ , 2018 All Rights Reserved.